ミニ勉強会お申込み方法

2019年6月13日開催の「ミニ勉強会」お申込み方法は次のとおりです。

下記の「ここ」をクリックするとフォームに移動しますので、そちらに必要事項をご入力ください。
後ほどお申込み受領の確認メールをお送りします。

<お申込み受付の手順>

  1. フォームからのお申込みをお願いします。
  2. 「博多で翻訳勉強会」から、お申込み受領のメールでお送りします。
  3. 参加費用のお支払い方法をご確認ください。
  4. お席の確保は、お申込み順とさせていただきます。
  5. キャンセルポリシーは下記をご確認ください(一番下にあります)。

*お申込みフォーム:ここをクリックしてください。

 


*キャンセルポリシー

  • お申し込み後に都合により参加不可となられた場合、代理の方をご紹介いただければ、その方にお席をご用意できます。まずはご相談ください。
  • 希望者が定員を超えた場合、キャンセル待ちリストにお名前を追加します。キャンセルが発生し次第、キャンセル待ちの上位の方からご連絡させていただきます。

 

 

みなさまのご参加を心よりお待ちしております。

N.A.


【お願い】ひとりでも多くの方に当勉強会について知っていただきたく、ブログランキングに参加しております。下のアイコンをクリックしていただけますと幸いですm(_ _)m

にほんブログ村 英語ブログ 英語 通訳・翻訳へ
にほんブログ村

広告

「ミニ勉強会」とは???

かつて、当会の創設メンバーである2名の実務翻訳者は次のような目標を立てていました。

首都圏や関西圏で開催されている大規模な勉強会に参加したくとも参加できない九州の翻訳者のために(すなわち自分たちのために)、そうした大規模な勉強会を福岡でも開催する。

三年前の投稿ですが、大上段に構えてますねえ…読み返すと気恥ずかしい限りです。その後、2016年から2018年にかけて、講師をはじめ多くの協力者のおかげで「博多で翻訳勉強会」を三度無事に開催することができました。そうした大規模な勉強会は今後も開催したいと考えています。

いっぽう、当会の現実行委員には野望がもうひとつあります。第3回「博多で翻訳勉強会」の報告終盤でも少し触れていますが、普段の仕事で遭遇する数多の疑問や不安についてざっくばらんに話し合える、いわば翻訳者のための「日頃のお悩み相談コーナー」のような小規模な勉強会を催すことです。例えば、私が直近の仕事で「他の翻訳者さんの意見を聞きたい!」と感じたことを思いつくままに三つあげると次のようになります。

    • 類語の使い分けはこれで正しいのか
    • 逐語的な訳で明快な文章を書くよう依頼してくるクライアントへの対応方法
    • Googleでのヒット数は多いものの不自然に思われる表現を某文書で使うべきか否か

こうした翻訳者なら誰もが抱えているモヤモヤを気軽に披露し真面目に話し合うために、このたび「ミニ勉強会」という名前で新たに勉強会を開催することにしました。

参加者全員に十分に発言時間が割り当てられるよう、参加者は10名前後とします。

また、この勉強会では訳文の検討を活動の中心に据えたいと考えています。事前に配布された課題文について、訳文の仕上がり具合はもちろんですが、その翻訳過程で生じた様々な「?」についても忌憚ない意見を交換します。同業者の思考過程や訳語の選択理由、実務的な対応方法を知れば、日常業務に立ちはだかる壁を乗り越える/ぶっ壊すヒントが見つかるはずです。たぶん…

とはいえ、生まれたばかりの「ミニ勉強会」はまだフニャフニャして形が定まってはいません。回を重ねるごとに、会の質を向上できるようにしていきたいと思っています。

N.A.


【お願い】ひとりでも多くの方に当勉強会について知っていただきたく、ブログランキングに参加しております。下のアイコンをクリックしていただけますと幸いですm(_ _)m

にほんブログ村 英語ブログ 英語 通訳・翻訳へ
にほんブログ村

少人数でわいわい気軽に♪ (写真提供:福岡市)

ミニ勉強会を開催します(6/13)

広報担当T.C.が先の投稿

これまで東京・大阪から講師にお越し頂き大規模な勉強会を開催してきましたが、今後は小規模な勉強会/訳文検討会も開催してみようと思っています。集まるかしら?!

と呟いておりましたが、善は急げとミニ勉強会を以下の通り開催することが決定しました。

  • 日  時: 2019年06月13日、午前11:30分~午後02:30
  • 会  場: 会場:ネイチャー会議室(福岡市中央区大名2-9-29第二プリンスビル内 )
  • 対象分野: ライフサイエンス日英および英日
  • 内  容: プレゼンテーション(1人当たり約5分間)および訳文検討
  • 参加資格: 特にありません。ただし、当日はご参加の方全員に質疑応答を想定したプレゼン資料をご準備いただき、また訳文検討では積極的に見解を述べていただくことになります。
  • 参加費用: 1人当たり500円
  • 募集人数: 最大12名

☆お申し込み方法は当サイトの「ミニ勉強会お申込み方法」をご覧ください。

以上、ご不明な点につきましては、ご遠慮なくこちらからお問い合わせください。

みなさまのご参加を心よりお待ちしております。

N.A.


【お願い】ひとりでも多くの方に当勉強会について知っていただきたく、ブログランキングに参加しております。下のアイコンをクリックしていただけますと幸いですm(_ _)m

にほんブログ村 英語ブログ 英語 通訳・翻訳へ
にほんブログ村

ランチ会&ミニ訳文検討会

 

お久しぶりです。最後の投稿を確認してみたら、1年以上前でした。長らくお休みしていましたが、活動を再開したいと思います。

広島で西日本医学英語勉強会を主催していらっしゃるakoronさんに福岡在住の通訳翻訳者さんを紹介していただいたので、ランチ会を行いました。ついでに、どうせ翻訳者が集まるのだからと訳文検討もすることになりました。

会場は最近オープンした「Bistro O(ビストロオー)」。

お肉が美味しいのはもちろん、サラダも選べて野菜もたっぷり、〆は追加料金なしで牛テールスープ茶漬けを堪能し、大満足のランチでした。次回は別のソースとサラダを試したいです!

食後はセットについてきたコーヒーにデザートを追加して、訳文検討をしました。英訳の課題は1行だけでしたが単語の選択に悩まされました。和訳の課題は少し長く、普段あまり触れない分野だったこともあり大変でした。ネイティブさんがいるのに和訳の課題?と思っていましたが、原文の意味を確認でき勉強になりました。正解にはたどり着けなくても、それぞれがどのような考えで訳語を選んだのか話し合うことが楽しかったです。

これまで東京・大阪から講師にお越し頂き大規模な勉強会を開催してきましたが、今後は小規模な勉強会/訳文検討会も開催してみようと思っています。集まるかしら?!

(蛇足:訳文検討中にローカルテレビの取材が入りました。もちろん勉強会の取材ではなくお店の取材です!近日中にどこかの番組に映るかも?!)

T.C.


【お願い】ひとりでも多くの方に当勉強会について知っていただきたく、ブログランキングに参加しております。下のアイコンをクリックしていただけますと幸いですm(_ _)m

にほんブログ村 英語ブログ 英語 通訳・翻訳へ
にほんブログ村